【実機レビュー】Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)|ケーブル一体型!LEDディスプレイ搭載のモバイルバッテリー

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)のアイキャッチ画像 モバイルバッテリー

※本記事には広告が含まれています。

モバイルバッテリーを使用する際、通常ケーブルが別途必要です。

そのため、外出時にモバイルバッテリーは持ってきたのに”ケーブルを忘れて充電できない”という絶望を味わったことがある方も多いでしょう。

悩み人
悩み人

ケーブル一体型の製品があったらなぁ。。

そんな悩みを解決する製品が販売されました!

Anker様から『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』が発売され、なんとUSB-Cケーブル内蔵型

また、サイズ感もパスケースとほぼ同じサイズ感(厚みは異なります。)で、コンパクトなデザイン!

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)1

新商品が出たら買わずにはいらない!というのは元々ですが、今回も早速ポチりました。

ということで当記事では、Anker様の『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』についてレビューしていきます。

この記事で分かること

・『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』について

・どんな方にオススメの充電器か

・他製品との違い

この記事の著者
まろすけ

Anker大好き人間です。
当サイトではAnker様の製品をレビューをしています。
会員ランクは当然ゴールド。

◇Anker信者
◇Ankerの魅力を発信
◇基本レビュー記事

※Anker社員ではございません。

まろすけをフォローする

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の仕様

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)3

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』は、ケーブル一体型のモバイルバッテリーです。

バッテリー容量が10,000mAhと、iPhoneを約2回分充電する事ができます。

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の仕様を表にまとめました。

商品名Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)
大きさ約104×52×26mm
重さ約215g
バッテリー容量10,000mAh
USB-C 入力USB-C入力 / USB-C内蔵ケーブル入力:最大30W
(5V = 3A / 9V = 3A / 15V = 2A / 20V = 1.5A)
USB-C 出力USB-C 内蔵ケーブル出力:最大30W
(5V = 3A / 9V = 3A / 10V = 2.25A / 12V = 2.5A / 15V = 2A / 20V = 1.5A)
USB-A 出力最大22.5W
(5V = 3A / 9V = 2A / 10V = 2.25A / 12V = 1.5A)
USBポート 合計最大出力複数ポート利用時:合計最大24W
カラーブラック
グレイッシュブルー
価格6,490円(税込)
Anker様公式HP参照

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』メリット・デメリット

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・USB-Cケーブルの持ち運び不要
・充電残量や給電可能時間が明確
・低電力モードの切り替えができる
・3台同時に充電できる
・MacBook AirやiPhone15も急速充電可能
・パススルー充電に未対応
・内蔵のUSB-Cケーブルが断線しないか心配
・複数ポート利用時は合計最大24Wに制限あり
・USB-Cケーブル以外は別途必要

それぞれ詳しく見ていき、どんな方にオススメできる製品かを紹介していきます。

メリット

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』のメリットは以下の通りです。

  • USB-Cケーブルの持ち運び不要
  • 充電残量や給電可能時間が明確
  • 低電力モードの切り替えができる
  • 3台同時に充電できる
  • MacBook AirやiPhone15も急速充電可能

それぞれ詳しく説明していきます。

USB-Cケーブルの持ち運び不要

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の最大のポイントは、USB-Cケーブルが一体化されていることです。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)のケーブルの長さ

USB-Cケーブルの持ち運びは不要となり、「コードを忘れて充電できない!」なんてことは無くなりました。

ケーブルの長さは大体「20cm」くらいでした。

充電残量や給電可能時間が明確

以前までは「Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)」などのように、充電残量がLEDランプのみでした。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の充電残量表示
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の充電残量表示

それが『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』では、LEDディスプレイとなり、充電残量が具体的に数字で分かるようになりました。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の充電残量表示方法

上部のボタンを押すと、充電残量がLEDディスプレイによって表示されます。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の給電時間表示

さらに、給電可能時間まで表示してくれるため、非常に優秀です。

低電力モードの切り替えができる

前述した充電残量表示方法と同様に、上部にあるボタンを「2回」押すと、低電力モードへの切り替えができます。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の低電力モード切り替え

イヤホンなどの小型電子機器を充電する際には、低電力モードでの充電をオススメします。

通常モードでの充電でも、過電流になる恐れはないものの、給電が途中で停止することがあるようです。(Anker様公式HPより)

3台同時に充電できる

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』は、3台同時に充電することが可能です。

3台同時充電

これ一台あれば、旅行や出張の際にも重宝します。

MacBook AirやiPhone15も急速充電可能

USB-Cの出力が最大30Wとなっているため、MacBook AirやiPhone15を急速充電することができます。

MacBookAirを急速充電

実際にMacBook Airを充電してみましたが、きちんと急速充電されていました。

デメリット

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』のデメリットは以下の通りです。

  • パススルー充電に未対応
  • 内蔵のUSB-Cケーブルが断線しないか心配
  • 複数ポート利用時は合計最大24Wに制限あり
  • USB-Cケーブル以外は別途ケーブルが必要

それぞれ詳しく説明していきます。

パススルー充電に未対応

USB-C入力とUSB-C内蔵ケーブルともに、最大30Wの入力が可能ですが、パススルー充電には未対応です。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)はパススルー未対応

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』を充電しながらの他デバイスへの充電はできません。

内蔵のUSB-Cケーブルが断線しないか心配

USB-Cケーブル内蔵はありがたいですが、『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』自体の重さもそれなりにあるので、接続部分への負荷が大きいです。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の断線リスク

カスタマーサポートが充実しているとはいえ、断線しないか気になりました。

複数ポート利用時は合計最大24Wに制限あり

USB-Cの1ポートのみでの使用であれば最大30W出力ですが、2〜3ポート使用する場合には、合計最大24Wに制限されてしまいます。

最大24Wに制限

急速充電はできないものの、同時充電は可能となっています。

USB-Cケーブル以外は別途ケーブルが必要

内蔵されているUSB-Cケーブル以外でデバイスを充電する際には、別途ケーブルが必要となります。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の給電時間表示

例えば、iPhone15よりも前のシリーズをご使用の方は、UCB-C & Lightningケーブルが必要です。

Anker様のUCB-C & Lightningケーブルは「Anker 541 エコフレンドリー USB-C & ライトニング ケーブル」や「Anker PowerLine III Flow USB-C & ライトニング ケーブル」のように、耐久性があり、コードを纏められるようなケーブルがオススメです。

こんな方にオススメ!

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』は以下のような方にオススメです。

  • ケーブルを持ち歩くのが面倒
  • 充電残量や給電可能時間を明確に知りたい
  • MacBook AirやiPhone15を急速充電したい
まろすけ
まろすけ

ケーブル内蔵、10,000mAh、最大30W出力、充電残量表示は文句なし!

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の外箱・付属品

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)5

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の外箱・付属品を見ていきましょう。

外箱

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の外箱はこんな感じです。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の外箱

Anker様のデザインはいつ見てもシンプルで最高です。

本体以外の付属品

本体以外の付属品は、取扱説明書、カスタマーサポートなどが入っていました。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の付属品

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の本体外観

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)2

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の本体外観を見ていきましょう。

画像で様々な角度から見る

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)6

カラーが1色で統一されており、非常にシンプルな見た目です。

表面部分は光沢感があり高級感があります。

動画でより詳しく見る

動画でも撮影してみました。

より商品のイメージが伝わりやすいので是非ご覧ください。

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の大きさ・重さ

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の大きさ・重さを計測していきます。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の大きさ

大きさは実測「約104×52×25mm」でした。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の重さ

重さは実測「214g」で、よくコンビニに売っているスターバックスと同じでした。

他の製品などと比較すると、やや重めです。

Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)と比較

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)とAnker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の比較

同じバッテリー容量の「Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)」と、大きさや重さを比較していきます。

大きさを比較

表面積は『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の方が小さいです。

一方、高さについては「Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)」の方が低く、薄く感じます。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)とAnker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の大きさ比較

重さを比較

重さについては、「10.5g」ほど「Anker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)」の方が軽かったです。

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)とAnker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)の重さ比較

しかし、ケーブル分の重さを加味すると、『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』の方が軽くなります!

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)とAnker 334 MagGo Battery (PowerCore 10000)+ケーブルの重さ比較

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』のレビューまとめ

Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の開封時
Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)の開封時

今回はAnker様の『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』についてレビューしてきました。

メリットデメリット
・USB-Cケーブルの持ち運び不要
・充電残量や給電可能時間が明確
・低電力モードの切り替えができる
・3台同時に充電できる
・MacBook AirやiPhone15も急速充電可能
・パススルー充電に未対応
・内蔵のUSB-Cケーブルが断線しないか心配
・複数ポート利用時は合計最大24Wに制限あり
・USB-Cケーブル以外は別途必要

『Anker Nano Power Bank (30W, Built-In USB-C Cable)』はこんな方にオススメの商品です。

  • ケーブルを持ち歩くのが面倒
  • 充電残量や給電可能時間を明確に知りたい
  • MacBook AirやiPhone15を急速充電したい
まろすけ
まろすけ

ケーブル内蔵、10,000mAh、最大30W出力、充電残量表示は文句なし!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました