【実機レビュー】Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)|安くて軽い!コスパ最強のワイヤレスモバイルバッテリー

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)のアイキャッチ画像 モバイルバッテリー

※本記事には広告が含まれています。

Anker様より、昨年11月に発売されたMagGo製品「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」は、人気商品の一つです。

Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)
Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)

デザイン性・機能性ともに抜群の「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」ですが、5,990円(税込)と少しお高めです。

悩み人
悩み人

さらにコスパの良いMagGo製品があったらなぁ。。

そんな無茶な希望を抱きながら月日が流れ、ついにこの日がやって来ました。

Anker様から『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』が発売され、バッテリー容量が5,000mAhで3,990円(税込)!

さらに、パスケースやEufy Security SmartTrack Cardとほぼ同じサイズ感(厚みは異なります。)で、超コンパクトなデザイン!

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)のサイズ感
パスケース/Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/Eufy Security SmartTrack Card

新商品が出たら買わずにはいらない!というのは元々ですが、今回も早速ポチりました。

ということで当記事では、Anker様の『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』についてレビューしていきます。

この記事で分かること

・『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』について

・どんな方にオススメの充電器か

・他製品との違い

この記事の著者
まろすけ

Anker大好き人間です。
当サイトではAnker様の製品をレビューをしています。
会員ランクは当然ゴールド。

◇Anker信者
◇Ankerの魅力を発信
◇基本レビュー記事

※Anker社員ではございません。

まろすけをフォローする

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の仕様

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』は、MagSafe対応のワイヤレスモバイルバッテリーです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)1
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)

バッテリー容量が5,000mAhと、iPhoneを約1回分充電する事ができます。

また、USB-Cポートを使用することによって、有線での充電も可能となっています。

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の仕様を表にまとめました。

商品名Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)
大きさ約9.3×6.4×1.5cm
重さ約124g
バッテリー容量5,000mAh
USB-C 入力5V = 2A (MAX 10W)
USB-C 出力5V=2.4A
ワイヤレス 出力最大7.5W
カラーブラック
ホワイト
ピンク
グリーン
パープル
価格3,990円(税込)
Anker様公式HP参照

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』メリット・デメリット

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・コスパが良い
・磁力が強く取れにくい
・パススルー充電に対応している
・Qi対応イヤホンのワイヤレス充電もできる
・カラーバリエーションが豊富
・充電残量の表示がLEDランプのみ
・バッテリー本体の充電にも時間がかかる
・低出力のためiPhoneへの充電速度が遅い
・2台同時に充電できない
・iPhoneケースによっては接着しない

それぞれ詳しく見ていき、どんな方にオススメできる製品かを紹介していきます。

メリット

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』のメリットは以下の通りです。

  • コスパが良い
  • 磁力が強く取れにくい
  • パススルー充電に対応している
  • Qi対応イヤホンのワイヤレス充電もできる
  • カラーバリエーションが豊富

それぞれ詳しく説明していきます。

コスパが良い

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の最大のポイントはコスパの良さです。

なんといっても安くて軽い!

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)2
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)でiPhoneを充電中

バッテリー容量5,000mAh且つMagSafe対応でありながら、3,990円(税込)という価格はお求めやすいです。

他製品との比較表

他のMagSafe対応ワイヤレスモバイルバッテリー(5,000mAh)と比較した内容を以下の表にまとめました。

品名Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)
Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)
Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)
Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)
VOLTME MagPak 5K モバイルバッテリーVOLTME MagPak 5K モバイルバッテリーBelkin BOOST↑CHARGE™Magnetic Wireless Battery 5000
Belkin BOOST↑CHARGE™Magnetic Wireless Battery 5000
価格3,990円5,990円6,490円5,990円6,039円
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh5,000mAh5,000mAh5,000mAh
大きさ
9.3×6.4×1.5cm

11.1×6.6×1.15cm

10.5×6.7×1.3cm
約10.5×6.7×1.25cm約9.37×6.35×1.65cm
重さ約124g約132g約140g約133g約170g
ワイヤレス出力最大7.5W最大7.5W最大7.5W最大7.5W最大7.5W
カラーブラック
ホワイト
ピンク
グリーン
パープル
ブラック
ホワイト
ブルー
グリーン
パープル
ブラック
ホワイト
ブルー
グリーン
パープル
グレー
グリーン
パープル
ブルー
ブラック
ホワイト
ピンク
パープル
MagSafe対応ワイヤレスモバイルバッテリー(5,000mAh)比較表

磁力が強く取れにくい

上下に揺らしても取れないほど磁力が強く、安心して使う事ができます。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)をiPhoneに付着
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の磁力

パススルー充電に対応している

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)本体を充電しながら、ワイヤレス充電ができます。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)のパススルー充電1
パススルー充電検証1

USB-C入力が「9.455W」と、きちんと充電できていました。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)のパススルー充電2
パススルー充電検証2

Qi対応イヤホンのワイヤレス充電もできる

AirPodsまでも充電が可能で、使い勝手が良すぎます。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)でAirPodsをワイヤレス充電
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)でAirPodsを充電

磁力が強いため、逆さにしても落ちることはないです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)でAirPodsをワイヤレス充電2
逆さにしても磁力が強く、AirPodsが落ちない

カラーバリエーションが豊富

様々なカラーが展開されているiPhoneに合うように、『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』はカラーバリエーションが豊富です。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)のカラーバリエーション
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)のカラーバリエーション

デメリット

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』のデメリットは以下の通りです。

  • 充電残量の表示がLEDランプのみ
  • バッテリー本体の充電にも時間がかかる
  • 低出力のためiPhoneへの充電速度が遅い
  • 2台同時に充電できない
  • iPhoneケースによっては接着しない

それぞれ詳しく説明していきます。

充電残量の表示がLEDランプのみ

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の充電残量は4つのLEDランプで表示されます。

数字で表記されている訳ではないので、大体の充電残量しか分かりません。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の充電残量表示
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の充電残量表示

充電残量のLEDランプの表示は以下の通りです。

充電残量LEDランプ
0〜25%○●●●
25〜50%○○●●
50〜75%○○○●
75〜100%○○○○
○(点灯)、●(無)

点灯しているLEDランプの数が少ないほど充電残量も少ないです。

バッテリー本体の充電に時間がかかる

実際に充電0%のバッテリーを充電してみました。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)を充電
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の充電検証

本体への充電は、赤丸部分からLEDランプが点灯していきます。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の充電検証2
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の充電状況

検証結果を以下表にまとめました。

時間経過充電状況LEDランプの状況
0分0〜24%◎●●●
30分25〜49%○◎●●
1時間54分50〜74%○○◎●
3時間18分75〜99%○○○◎
3時間58分100%○○○○
○(点灯)、◎(点滅)、●(無)

0%から100%まで約4時間かかりました。

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』を使用する前日には、予め充電しておくのが良さそうです。

低出力のためiPhoneへの充電速度が遅い

ワイヤレスの出力が最大7.5Wと低く、iPhoneへの充電にも時間がかかります。

実際に「iPhone13」を「充電20%」の状態から充電してみました。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)でiPhoneを充電する検証
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)でiPhoneを充電検証

検証結果を以下表にまとめました。

時間経過充電%
0分20%
30分42%
43分50%
1時間60%
1時間30分78%
1時間34分80%
iPhoneへの充電検証結果

急速充電した場合、約1時間30分で0%から80%まで充電できるのに対し、『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』だと20%から78%の充電に1時間30分かかりました。

2台同時に充電できない

残念ながら、ワイヤレスとUSB-Cでの2台同時充電には対応していません。

実際に2台同時に充電してみると、USB-Cの方が優先されます。

2台同時に充電1
2台同時充電検証1

優先されたUSB-Cは、出力が「11.710W」と、きちんと充電できていました。

2台同時に充電2
2台同時充電検証2

iPhoneケースによっては接着しない

MagSafe対応のiPhoneケースが推奨されており、お気に入りのiPhoneケースが使えない事があります。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)をケース越しに付着1
ケースによって使用できない①

充電自体はできましたが、くっ付けながらの使用は出来なかったです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)をケース越しに付着2
ケースによって使用できない②

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』に限らず、MagSafe対応のiPhoneケースを使用することをオススメします。

こんな方にオススメ!

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』は以下のような方にオススメです。

  • 安くて軽いワイヤレスモバイルバッテリーが欲しい
  • MagGo製品を試してみたい
  • バッテリー容量が5,000mAhで足りる
  • 自分のiPhoneに合ったカラーがある
まろすけ
まろすけ

MagGo製品初心者の方にはオススメの製品です!

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の外箱・付属品

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の付属品
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の外箱・付属品

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の外箱・付属品を見ていきましょう。

外箱

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の外箱はこんな感じです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の外箱
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の外箱

Anker様のデザインはいつ見てもシンプルで最高です。

本体以外の付属品

本体以外の付属品は、取扱説明書、カスタマーサポート、USB-C & USB-C ケーブル (0.6m)、が入っていました。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の付属品2
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)以外の付属品

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の本体外観

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の本体外観を見ていきましょう。

画像で様々な角度から見る

カラーが1色で統一されており、非常にシンプルな見た目です。

Anker様のロゴが同色で大きめに印字されています。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の本体外観
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)

表面とiPhoneに接着する部分はサラサラとしており、側面はプラスチックのようなツルッとした質感です。

動画でより詳しく見る

動画でも撮影してみました。

より商品のイメージが伝わりやすいので是非ご覧ください。

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の大きさ・重さ

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の大きさ・重量を計測していきます。

大きさ・重さ共にMagGo製品の中で最小

大きさは実測「約94×64×15mm」でした。

MagGo製品の中では最も小さく、持ち歩きにも便利です。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の大きさ
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)のサイズ感

実際に手で持ってみると、よりコンパクトさが伝わってきます。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)を手で持っている画像
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)

重さは実測「122.5g」で、TOP VALUのギリシャヨーグルトと同じでした。

MagGo製品の中で最も軽いです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の重さ
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/TOP VALUのギリシャヨーグルト

Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)と比較

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とAnker 621 Magnetic Battery (MagGo)を比較
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』と「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」の大きさや重さ、価格などを比較していきます。

大きさを比較

表面積は『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の方が小さいです。

一方、高さについては「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」の方が低く、薄く感じます。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とAnker 621 Magnetic Battery (MagGo)の比較
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)

重さを比較

重さについては、「10.5g」ほど『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の方が軽かったです。

ですが実際に持ってみると、正直どちらが軽くて重いかは分かりません。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とAnker 621 Magnetic Battery (MagGo)の比較2
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)

iPhone 13を充電した際の見た目を比較

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』はコンパクトでサイズに余裕のある見た目です。

一方で「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」はiPhone13にぴったり収まりました。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とAnker 621 Magnetic Battery (MagGo)
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)

横から見るとこんな感じです。

Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」の方が薄いため、持った感覚は『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』よりも良かったです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とAnker 621 Magnetic
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)

価格を比較

同じMagSafe対応のワイヤレスモバイルバッテリー(5,000mAh)ですが、2,000円もの差があります。

品名Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)
Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)
価格3,990円5,990円
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)

チャージスポットの充電器と比較

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とchargespotの比較
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/チャージスポット充電器

コンビニなどに多く設置されている、レンタル充電器のチャージスポット。

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』と「チャージスポットの充電器」の大きさや重さ、価格などを比較していきます。

大きさを比較

「チャージスポットの充電器」と比較すると、『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の方が圧倒的に小さいです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とchargespotの比較1
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/チャージスポット充電器

重さを比較

重さについては、「36.5g」ほど『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の方が軽かったです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とchargespotの比較2
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/チャージスポット充電器

iPhoneを充電した際の見た目を比較

本体の大きさやコードの有無によって、見た目に大きく差があります。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とchargespotの比較3
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/チャージスポット充電器

横から見ても明らかに『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の方がコンパクトで、充電している感がないです。

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)とchargespotの比較4
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)/チャージスポット充電器

価格を比較

「チャージスポットの充電器」は、以下の料金形態となっています。

chargespot
チャージスポット充電器の価格表

参考として、『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の本体価格(3,990円)を相殺できる使用回数をまとめました。

プラン使用回数合計金額
165円(0〜30分未満)25回4,125円
360円(30〜3時間未満)12回4,320円
450円(3時間〜6時間未満)9回4,050円
540円(6時間〜24時間未満)8回4,320円
Anker 321 MagGo Battery
(PowerCore 5000)
3,990円
『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』を相殺できるチャージスポット充電器の使用回数

「チャージスポットの充電器」を30分未満で返却する方は少ないと思います。

そのため、チャージスポットを12回以上使用するのであれば『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』の方がお得ということになります。

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』のレビューまとめ

Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の開封
Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)の開封時

今回はAnker様の『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』についてレビューしてきました。

メリットデメリット
・コスパが良い
・磁力が強く取れにくい
・パススルー充電に対応している
・Qi対応イヤホンのワイヤレス充電もできる
・カラーバリエーションが豊富
・充電残量の表示がLEDランプのみ
・バッテリー本体の充電にも時間がかかる
・低出力のためiPhoneへの充電速度が遅い
・2台同時に充電できない
・iPhoneケースによっては接着しない

『Anker 321 MagGo Battery (PowerCore 5000)』はこんな方にオススメの商品です。

  • 安くて軽いワイヤレスモバイルバッテリーが欲しい
  • MagGo製品を試してみたい
  • バッテリー容量が5,000mAhで足りる
  • 自分のiPhoneに合ったカラーがある
まろすけ
まろすけ

MagGo製品初心者の方にはオススメの製品です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました